みなとみらいクルーズ

           ウオーキングクラブ主催の「京浜工場夜景をめぐる運河クルーズ」に参加
           午後5時20分氷川丸隣の船発着所よりペガサス号に乗り出発

c0111557_12203622.jpg


            昼間の光景とはガラッと変わり幻想的な世界を船上から
            鑑賞 運河を一周する間 様々な工場や橋や観光名所などを
            若い男性が休みなくガイドをしてくれる
            まるで外国映画でも見ているような光景です
            運河の周りにはガス発電 火力発電 石油会社 東芝 昭和電工
            等々地域性を生かした工場が立ち並び 日々私たちの生活を
            支えるため 休みなく稼働しています

c0111557_12415176.jpg


c0111557_12502398.jpg


c0111557_12515291.jpg


c0111557_12564098.jpg


            
             
             
             
       

# by yamabiko3n | 2016-10-30 13:06 | Trackback | Comments(0)  

今の伊勢参り

        家を5時過ぎに出 東京駅8時26分発の新幹線に乗り宇治山田駅13時13分着
        そこからバスで1時間弱で二見浦 浜参宮に着き
        ここからみそぎから始まる伊勢参りが始まります

c0111557_21444341.jpg


c0111557_21594328.jpg


        そこから40分程バスに乗り伊勢神宮 外宮参拝
        ツアー旅は時間に追われあまり中の方まで
        見学することは出来ませんでした

c0111557_21562460.jpg


c0111557_22254349.jpg


        1日目の行程はこれまで
       「日本人の心のふるさと」の原風景がここにありました
       
       伊勢湾を望むホテルの夕食バイキング それはそれは
       海の幸満載で2度とこの贅沢はないだろうと思わせるものでした


c0111557_221524.jpg


c0111557_22215872.jpg


       二日目は内宮参拝です
       私は神道派でも仏教徒でもないけれど
       生まれた時から天照大神の掛け軸には馴染みがあります
       日本では最も尊いお宮とされているようです

c0111557_22475590.jpg


       最後に参るのはお寺で金剛證寺
       昔より伊勢神宮の鬼門を守る寺と言われており
       ここに参らねば片参りになるそうです
  
       これで全部参って伊勢参りが終了しました
       日程が2日続く神嘗祭と1日づつズレて混雑は回避した訳ですが
       1月 2月は人がすごいらしい
       ツアーの中には「年中行事です」と言う方がおりましたが
       さて私は2度目があるでしょうか




 
         

        
    

# by yamabiko3n | 2016-10-18 23:15 | Trackback | Comments(0)  

伊勢参宮道中記

    我が家に残る家宝と言えばに江戸時代末期(1842年天保13年)に
    生きたご先祖様が記した「伊勢参宮道中記」一冊のみです
    兵庫県に入って終わっているのでこの後
    伊勢に参ったと思われるのですが下巻はいつの時代かに
    行方知れずになってしまったのでしょう
    物心ついた時から1冊しか無くて 伊勢の記述はなかったのです
    「道中記」 とあるので伊勢参りは最後の目的地だったのでしょう
    鎌倉や京都などをたどり 参ったお寺は100以上この間2か月
    の記録でした
    10人の同志と赤岩の渡し船で出発し幾つものグループと出会い
    交流していた様子の記述もあります
    その御一行様の氏名などが記録されています
    中には和歌なども詠まれているのでさぞかし教養なども
    備わっていた方なのでしょう
    自分の足だけが頼りの江戸時代と一泊で伊勢参りが出来る現代では
    どれだけ隔たりがあるのか想像すらできません
   
    一番古い我が家の位牌は寛延3年とあるので少し歴史を紐解き
    次世代にわかりやすく残して逝くのも必要かも
    これも終活の一つかな・・・

c0111557_1544076.jpg


           保存状態が悪くて虫に食われたりしてボロボロ

c0111557_159925.jpg


           「吉野へ」以外何も分からない

c0111557_15115782.jpg


            出会ったグループの一つ
            今の太田市内ケ島の人たちなのか
            御一行様の名前が・・・


    
    
    
    

# by yamabiko3n | 2016-10-17 15:18 | Trackback | Comments(0)  

いよいよ秋に




        今日あたりから本格的に秋になって来た気配で
        空気が気持ちいい
        気分新たに朝のウオーキングは歩幅を大きくし
        早歩きを心がけ一層健康生活を目指そうと意気込んだ
        ウオーキングが済んだらスムージーを飲み
        一休みして一日が始まる
        毎回ウオーキングの前後にストレッチします
        毎日こんな具合に生活が出来るなんてあり得ないけれど
        あくまで理想です
        今日のスムージーは なんか色が地味だなーと
        思いつつ作っていたらやっぱり赤いニンジンを忘れました

c0111557_9454350.jpg

# by yamabiko3n | 2016-09-30 09:49 | Trackback | Comments(0)  

後を追われるのも今のうち

    
    幼稚園の夏休み 長期滞在の娘と孫
    迎える側としては嬉しさ半分 邪魔半分
    3歳ともなると流石に93歳の曽おばあちゃんでは
    相手にならぬとみると「ねえ~ばあば さんぽいこ!」に始まり
    寝るまでしゃべくりどうしで遊びたがって来る
    2~3日は遊びに徹しようと覚悟を決めてみるが それも過ぎると
    ストレスも限界に・・・スキを見て工房に入ると1分も経たずに
    目を輝かせて入って来る 「コリャダメだわ」
   
    後を追われるのもあと1年かと開き直って毎日遊びまくった
    結果 今は雨ばかり
    作品が乾かず何時になったら窯が一杯になるのやら・・

c0111557_20312356.jpg


c0111557_2040787.jpg


 
c0111557_2043262.jpg


c0111557_20445976.jpg


    お姉ちゃん作のカブトムシをお土産に「また 来るね」

# by yamabiko3n | 2016-09-20 20:57 | Trackback | Comments(0)  

気が付けば4か月振りに・・・


      体が不自由になり施設で暮らす従兄から月に2・3度便りが届く

      便りの内容は施設での行事や家族の様子・・そして

      友達との交流が事細かく書かれていて楽しい

      彼の生きている支えの一つに”孫”の存在がある

      最近は高学年になりなかなかゆっくり会えないらしい
    
      (これは仕方ないですね)

      もう一つ会田みつおさんをこよなく愛する彼のお便りの中には

      必ずみつおさんの言葉のコピーが入っている

      今回の言葉にも日頃惰性の域を出られないで悶々としている

      この身が少しばかり引き締まった思いがしました

c0111557_20163865.jpg






      



      

# by yamabiko3n | 2016-09-12 20:19 | Trackback | Comments(0)  

梅干し作り


     物心付いた時には祖母が梅干し漬けていて
     祖母の亡き後は母の役目になっていた
     家の梅の木を伐採してからは頂いた梅を漬けたり
     漬けなかったりしていた母も93歳になってしまった
     そろそろ私の出番かなぁ~と感じて今年からは
     梅干し作りに熱心な友人から一味違った作り方を伝授され
     初めての梅干し作りに挑戦です

     南高梅を5キロ購入し1キロは梅酒に4キロを梅干しにしてみました

c0111557_8485451.jpg


     三日三晩干した後もう一度梅酢に戻すこと一週間
     そして一日干すという作り方です
     しっとりして色鮮やかな出来上がりになる筈ですがさて?

# by yamabiko3n | 2016-07-18 09:04 | Trackback | Comments(0)  

草加まち歩き

    ウオーキング教室主催のまち歩き 今回は「おくのほそ道の風景地 草加松原」
    駅に12時30分集合 
    当教室は早めに行って昼食とってから参加することにしました
    お昼何にするかは出かけた時の楽しみの一つです
    駅の前に大学があったので学食にしようということになり
    校舎に向かうロータリーで知り合った学生さんの案内で向かう
c0111557_17214998.jpg



c0111557_17241516.jpg


              アジサイが控えめに満開です


    校舎も新しく敷地内を散歩するご老人や
    時には園児も遊びに来るとか・・
    開かれていてとても感じの良い学校でした

c0111557_1732566.jpg


    ワンコインでお釣が来たけれど美味しいランチでした


c0111557_19313050.jpg


    松尾芭蕉46歳元禄2年深川を出発して千住宿 そして草加を宿駅にして
    日光街道を歩き東北へと拡がって行ったそうです
    「日々旅にして 旅をすみかとす・・・」
    ロマンがあっていいなぁ どこか旅したくなっちゃいました
    草加も「芭蕉」や「煎餅」を軸に町おこしが進み 見どころいっぱい
    歩くコースが4つもありました

c0111557_1955353.jpg


    案内人さんと別れてからは手焼き煎餅体験をしてお開きになりました

    今日の歩数は12000歩 歩くのはやっぱり5000歩が丁度いい!

c0111557_206491.jpg

    



    
    

# by yamabiko3n | 2016-06-30 20:13 | Trackback | Comments(0)  

ホソボソとやっています

    小物作りが主になっているこの頃です
    湯のみやカップにドリッパー・・・実用品が一番です

c0111557_22272983.jpg


c0111557_2231992.jpg


c0111557_2233913.jpg


c0111557_22293589.jpg
 

     気分転換には洋服作り
     1つ作り出すと止まらなくなるのが悪い癖
     つぎの型紙作りが始まってしまいました

c0111557_23134037.jpg

# by yamabiko3n | 2016-06-16 23:04 | Trackback | Comments(0)  

神宮の森で

    甥の結婚式に招かれ明治神宮に向かう

      明治天皇

     若みどりつらなる峰に木木の葉の
      
     いろも涼しくみゆるこのごろ

c0111557_1003182.jpg


      この中で両家の紹介が行われた

c0111557_1061164.jpg


      式が執り行われる神殿に向かう途中
      大勢の観光客(大多数は外国の人)のフラッシュを浴び
      親族も少々緊張気味でした

c0111557_1024893.jpg


c0111557_1117456.jpg


      式の終了後はバスで明治記念館に移動して披露宴

c0111557_10352123.jpg


       こんな立派な会場を選び大勢の支えてくれる人たちを
       招待し一緒に祝って頂こうと全てお二人で考えたという
       成長した甥の姿がとても眩しく見えました

       


      
       


# by yamabiko3n | 2016-05-30 10:56 | Trackback | Comments(0)