<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

感動しました

主催読売新聞社の「平成万葉集」の入選作品(1000首)が決まり
7月には中央公論新社から出版されるという
5人の選者が印象に残った作品を朝刊に発表しました
その中から選者ごとに印象に残ったものを一作づつ選んでみました
(読売新聞より引用)
                                         年齢  

亡き母の 厨の小さき 黒板に 髪染むる日の 記されており   (62)

どんぐりの 落ちる瞬間切り取って 超薄型の テレビが写す  (76)

夕影の 向かひのビルに 移れるを 退職勧奨 言へず見ており  (62)

君に妻 われに夫ありて それぞれに 言葉選びて 文を交わしぬ   (72)

夕暮れて べた凪となる この海は 拉致されし人を かへさざる海  (60)

海に戦死の 兄を憂ふる 母なりき 長き歳月 魚口にせず  (75)

<かいご>と打ち 変換すれど <介護>出ず 二十年使いし 我がワープロは ( 63)


わが町から一人だけ選ばれていました
なんと14歳の少女です
最年少でしょうか・・・いやもっと年少の方がいるかもしれません

赤とんぼ 差し出す指に そっととまる 恋もそうなら いいなと思う

なんのことはないそのものずばりですが
簡単そうに見えるところがこの歌のすごさだと感じます
子供ならではの素直さに好感が持てました
そして着眼点が鋭いです
           (yamabiko3n 評)

今日は町うちにこんな少女がいることにとても感動しました


病院に 向かう背の方で 父母の声 俺もわたしも 連れて行って

                                (のり女)

      腰が痛いので病院に行こうとしていたら
      足が痛いから・・・腰がちっとも良くならないから・・・と
      3人で行く事になった
      もしかして・・これって老老介護の図式?いやーな予感!!!
      

by yamabiko3n | 2009-04-29 23:12 | Trackback | Comments(0)  

わたしってきれい?


           ぼたんが好き!
           なぜか好きなんです
           人様は「ぼたんは難しいのよね~」 と言いますが
           わたしは剪定をして肥料をやるだけです
           植えたものは全部成長しています
           今年は3つの蕾を持った白のぼたんを植えました
           天候が悪く 咲いてから写真を撮る間もなく散ってしまいましたが
           大きくてきれいな花が咲きました 
           遅咲きの黄色と白は今 まだ蕾・・・・咲いたら傘をさしてあげましょう
           
           

c0111557_22575969.jpg
   


c0111557_22581729.jpg



c0111557_2258419.jpg



c0111557_23272939.jpg




           

           
       
        

by yamabiko3n | 2009-04-28 23:12 | Trackback | Comments(0)  

ストレス発散会

        ここは何処でしょうか?
        そうです・・わたしの趣味の部屋が
        一晩で宴会場に早変わり

        近くに住んでいる同級生が集まり食事会です
        いつもみている面々で特別な話もありませんが
        ○○年も人生をやっていれば一晩や二晩では
        人生を語りきれるものではありません
        皆さんストレスを発散出来たようでした
        女性は一品持ち寄りでがんばりました
        1000円ほどの会費で飲み放題 食べ放題
        時間を気にしない そして大きな声で歌っても気にならない
        こんなところは何処を探してもありませんよね
  
        やっぱりきました!
        またここでやりたいと・・・・・(~_~;)
        
        
       
c0111557_203563.jpg
 

      
       
        
        
        

by yamabiko3n | 2009-04-27 19:56 | Trackback | Comments(0)  

花に癒されて

c0111557_2226235.jpg



       ぼたんの咲く時期にぼたんのお皿が焼けました
           水彩画を得意とするMさん作


c0111557_22263032.jpg



           偶然現れた模様は鳥に見えるような見えないような
           



c0111557_2226553.jpg



           2年前の作を焼きなおしてみました
           イメージが変わり少しは良くなったかな・・


c0111557_22271958.jpg



           自宅と工房の通り道に咲く花に癒されて・・・
       


           

by yamabiko3n | 2009-04-22 23:22 | Trackback | Comments(0)  

目の保養

    
       今日から始まった東日本伝統工芸展
        なにはさておき出かけました
        びっくりしたことに電車に乗ると
        目的を同じくする見たことのある方々が大勢おりました
        ・・・・皆さん東京に遊びに行くのが・・・(失礼しました! 陶芸が )
        大好きなのです
        またまたお世話になった先生の快挙です
        
c0111557_18374447.jpg


     沿線上で菊池ビエンナーレ展も開催されており
     こちらも見て行くことに
     どちらの公募展も参考にする術もないといった感じの異次元のものに見えました
     一口に陶芸といってもこちらは美術品なのです
  
     菊地美術館のビエンナーレは方向性に制限がないので伝統展と両方を
     見ることが出来てよかったです
     両方で活躍している作家佐伯守美さんのおなじみの
     樹の象嵌の壷が目に焼きついています

           菊地美術館

c0111557_1913878.jpg


c0111557_19191074.jpg


          ロビーからの風景

c0111557_1913089.jpg


          駅に向かう途中の虎ノ門森ビルの前はお弁当やさんの軽自動車が
          並んでいます 
          覗いてみると4・5百円の幕の内が支流のようでした
          オフィース街ならではの光景です

c0111557_19294311.jpg

   
          
  



     
         
   


    

by yamabiko3n | 2009-04-21 19:38 | Trackback | Comments(0)  

今が見ごろ

            この時期我が家の庭が一番色づく
            
            その中でも一番惹かれるのは一昨年に植えた島錦
            日に何度も花のまわりを巡りながら
            わーきれい!ワーキレイ!わー綺麗!と心で叫ぶ

c0111557_20311285.jpg


            負けずに色鮮やかな・・・この色をボタン色というのかな?

c0111557_20331281.jpg


            派手さはないけれどかわゆーいすずらん
            

c0111557_2152512.jpg


            裏庭に咲く( ? )
)

c0111557_21364825.jpg


            羊山の芝さくらにはかなわないけれど今満開

c0111557_21402457.jpg


            白山吹は花器になげ入れするととてもステキ

c0111557_21422924.jpg


            どうだんつつじは秋も楽しみ

c0111557_21465321.jpg


            

by yamabiko3n | 2009-04-20 21:47 | Trackback | Comments(0)  

  幸せ

        ちょっとした不注意で窯を無理に使っていたため火が付かなくなり
        修理をお願いした
        製造販売元の笠間から嫌な顔もせず飛んできてくれるので感謝感謝です
        自分のところで作った窯を使っているお客さんで権威ある賞に入る作家さんが
        地元にも他にも沢山いてとても励みになっている様子や窯業指導所や
        作家さんたちの話等々やきもの産地ならではの貴重な話を聞くことができて
        とても有意義でした
        何年か前近くに来たので・・・と寄って下さった時は○○さんのところで
        購入してよかったな~と思ったものです
        まだまだここは近い方だとか 4時間も5時間も掛けて修理の依頼があると
        飛んで行くのでしょう
        仕事といえばそれまでですが大変な商売だと思いました
        大勢の人たちにお世話になりながら何とかやきものがやっていられることが
        =幸せ=としみじみ感じる今日このごろです


c0111557_23223174.jpg


                  シュガーポット

by yamabiko3n | 2009-04-19 23:26 | Trackback | Comments(0)  

加齢なる一族

        お菓子作りに通う従姉妹がいつもめずらしいお菓子を持って来てくれる
        一番のヒット商品は黒糖パンです
        甘さが丁度よくてコクもあり いただくと嬉しい一品です
        今回は新作ができたからとお茶のお誘いがありました
                =手作りおこし=です


c0111557_23142146.jpg


c0111557_2318847.jpg


c0111557_23151157.jpg



         手入れの行き届いた庭を眺めながらのティータイムは
         時間がゆっくりと流れているようでした


                        
         
                  

         

by yamabiko3n | 2009-04-18 00:04 | Trackback | Comments(0)  

理想の女性です

今日は天皇 皇后両陛下ご結婚50年

いつも通り朝刊の記事に目を通して一日を迎えたのだが
皇后様のお言葉が一日中頭から離れなかったのです
思い出すたび目頭がジーンときます

折々の記者会見などでたどったお言葉の中のひとつです
「皇太子様のお仕事というのはおそばのものがお助けできないと思うのです
それならどうするかといわれると困るんですが、どこかに行く時に一緒に行く事が
内助の功と思います」(40歳を前に)皇后様

「深い喜びをもたらしてくれたものは、皇后との結婚でした。
どのようなときにもわたしの立場と務めを大切にし、優しく寄り添ってきてくれたことは
心の安らぐことであり、感謝しています」(70歳を前に)天皇陛下

そしてこうもおっしゃっております
「略 ご成婚の時 沿道の人々から受けた温かい祝福を、感謝とともに
思い返すことがよくあります 略 その大勢の方々の期待を無にしてはならないとの
思いも私の中に常にあったと思います」(古希を迎えるにあたって)皇后さま

この素直なお言葉はおふたりの人柄そのものと思います
天皇家に嫁いだ美智子さまの歩んで来られた道はもしかしたら
イバラの道だったかもしれません
でもあの優しい皇后さまの笑顔に真の女性の強さをみるのです
日本の象徴としてあるべき姿を模索しながら
50年という歳月を歩んで来られたおふたりは国民の誇りです

どうぞ仲良く末永く・・・と願わずにはいられません

by yamabiko3n | 2009-04-10 20:16 | Trackback | Comments(0)  

可憐な花

c0111557_7494862.jpg
c0111557_7503062.jpg
c0111557_751421.jpg
c0111557_751452.jpg



                 
                 庭の片隅に咲く小さな可憐な花に癒されます

by yamabiko3n | 2009-04-07 07:56 | Trackback | Comments(0)