<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

誰にでも もてるもの


=希望を捨てずに=
その気持ちを胸に 決して諦めず夢が叶うまで努力しつづける事
113㌔のマラソンを走りつづけます
人は命のある限り伸びて成長する事ができる~


このことばを残し今年も過酷なマラソンドラマが始まりました
6年前から勝手に日本テレビのマラソンに抜擢される事を夢にみて練習を
重ねてきたエド はるみさんです
今日は6年越しの夢が叶って夢の舞台に立ちました

エドさんのメセージに
「今更遅いよな 夢なんて・・・・デモ・・ そうか夢ね!ゆめかぁ~」と
乙女心が揺れています


            

          

by yamabiko3n | 2008-08-30 22:32 | Trackback | Comments(0)  

ほど良い緊張感で


時に流され漠然と日々を送っていると
何気なく目にした活字にハッとさせられることがある
ある雑誌をめくっていると森 瑤子さんの小説の中の引用で
「何に対してもそうであるが、温かくほっこりとして居心地の良いものより、
多少居心地は悪くてもこちらに厳しく緊張を強いるものが好きだ
ドレスもそうだし、人間もそうだし、小説もそうだ。そして器も。」
というくだりが妙に余韻をもたせる そして胸に響いてくる
そう・・・・ここには 緊張感から遠ざかりぼんやりと楽している自分がいる
何に対してもこだわるワケでもなく成り行きまかせの毎日なので
心に沁みた一言でした

たったこれだけの文の中に森 瑤子さんの全てが詰まっていたようです

by yamabiko3n | 2008-08-28 23:08 | Trackback | Comments(0)  

ゆりとむくげ

c0111557_2226253.jpg
c0111557_2227180.jpg
c0111557_22272972.jpg
c0111557_22281861.jpg

c0111557_23231552.jpg

                                                                

     今 「○○ゆり園」 といった観光名所があちこちで見ごろを迎えているようです
     我が家でもいたる所でこの白いゆりが満開です
     全部同じゆりの花
     種が飛んでどこにでも花を咲かすこのゆりは
     調べてみたら=ホワイトエレガンス=という名のゆりに似ていました

c0111557_22564221.jpg
c0111557_2257138.jpg
c0111557_22572288.jpg



     むくげも種類が多くどこでも見られますがよく見るときれいな花です
     昔 華道をやっていた時に先生が
     むくげの花は1日しか咲かないので茶室に活けて
     お客さんを招く時によく使うお花だと教えてくださいました
     =あなたのために活けたお花ですよ=という意味合いだそうです

     アメリカはハナミズキ 日本はさくら 韓国といえばこのむくげだそうです
    




     
     
   
     

by yamabiko3n | 2008-08-20 22:31 | Trackback | Comments(0)  

モリジアニ?

c0111557_22522685.jpg


       カボチャを頂いたとかでカボチャスープ作りが得意な従姉妹が
       スープを持ってきてくれた
       玄関を入ると飾ってあるこの絵を見るなり「あら!モリジアニ?」
       確か有名な画家の絵を模写したと言って妹が持ってきてくれたものだが
       画家の名前は聞いてすぐに忘れてしまっていた
       確か横文字だった
        「そうかも知れない・・・・・??」と私
        妹の顔をみる度 聞こうと思うけれどあまりに無関心のようで聞きづらい
       何でも知っている従姉妹のYちゃんの博識さにはいつも感心させられる

       =一生に一枚くらい自分で絵を描いて額に入れて飾ってみたい=という
       密かな夢を抱いている私
       まずは絵手紙あたりから挑戦したいけれど
       ただでさえやる事が多すぎて困っている身
       時間だけが容赦なく過ぎていく・・・・・

by yamabiko3n | 2008-08-18 23:37 | Trackback | Comments(0)  

あ・い・き・ょ・う (愛嬌)

新聞も雑誌もテレビも巷のうわさもオリンピック一色である

福原 愛ちゃん

小さい時から泣きべそをかきながら卓球に打ち込んでいた姿は
テレビでおなじみです
19歳になった今 国民の期待を一身に受け日々進化を遂げ
現在 世界ランク12位の座をキープしているという愛ちゃんですが
中国でも大人気だそうです
人気の秘密はあの笑顔でしょう   

愛ちゃんの笑顔を見ているだけで幸せになってしまいます
勝負するのが仕事のようなところに身を置きながらどうして
あれほど愛くるしい笑顔を見せてくれるのか不思議です
天性のものとはいえあの笑顔
会う度テレビ画面にくぎずけされてしまいます

浜口 京子さん

やはり笑顔がステキです
一点の曇りもない心の底から湧き出てくる笑顔を見ていると一種の爽快感を覚えます
あれほどステキな笑顔をもつ娘さんを持った御両親は幸せ者です

「男は度胸 女は愛嬌」というけれどこのおふたりは両方を兼ね備えているようです



c0111557_2354713.jpg

by yamabiko3n | 2008-08-17 22:47 | Trackback | Comments(0)  

送り盆

c0111557_108342.jpg




c0111557_10275578.jpg



 
              

           手を合わせ

                現 世 如 何 と

                      問 う て み る

                
           

                                   のり女

           

         
              今日は送り盆
              もの心付いた時からこんな精霊棚を設け
              先祖を祀っている
              お盆というと昔から蝉の啼く声と共に
              天高く百日紅が咲いているといったた記憶が鮮明です
              この頃になるとそろそろ夏もピークの感がしてきます
              でも・・・・今年の暑さはいつになったら納まるのでしょうか

   

by yamabiko3n | 2008-08-16 10:12 | Trackback | Comments(0)  

わたしも頑張るぞー

c0111557_20392018.jpg




        今年の夏は特別暑い!
        ご飯ものより麺類の方が食が進みますが
        毎日麺類というわけにはにかず
        今夜はスタミナカレーを作りました
        結果は「おいし~い!」 でした
        そのはずです
        写真映りはイマイチですが中身が凝っているのです
       
        カレー粉とルー半々
        牛肉
        たまねぎ
        にんじん
        ジャガイモ
        ゴーヤ
        バナナ
        自家製のトマトジュースと
        紫蘇ジュース
        水
        その他調味料
        
        夜遅くまでオリンピック放映に付き合い
        体力の限界まで起きているので
        夏バテしないように頑張らねば・・・
     
        昨夜の女子バレー対アメリカ戦
        セットカウント1対1で迎えた3セット目
        3対4を4対4と同点にした荒木選手のアタックが決まった
        その瞬間の荒木選手の表情がスローでリプレイされた
        1球入魂・・死に物狂いで1点を取った=ヤッター!=の表情に
        感激した  
        暑さのせいにして何かとさぼり気味のこの頃でしたが
        私も=がんばらなくちゃ=と身が引き締まる一瞬でした
   
          スポーツはやっぱりいいなー
        

        
        
        
        

by yamabiko3n | 2008-08-10 21:25 | Trackback | Comments(0)  

散る花に

c0111557_21361745.jpg






           アジサイの 「お色直し」 かと思わせるほどの
           色の変わり様に毎年ながら驚く
           
           いつまでも花を付けておくのも良くないかと思い
           散る間際の花たちをハサミで切っていると
           まだまだ見えない所に こんなきれいに咲いていました
           ひとつは白 もうひとつは濃紺の花びらのアジサイでした
           ひとつの花が蕾から咲き終えて散るまで何度となく変化しながら
           見る人を惹きつけ続けて3ヶ月以上・・・・

           捨てるのがもったいなくて分厚い婦人雑誌の間に「押し花」
           をしてみた
           乾燥したらはがきなどにアレンジして使えるかしらなどと思いながら

c0111557_2246238.jpg


c0111557_22472321.jpg



             稚拙なブログにコメント寄せて頂きありがとうございました
             最近迷惑なコメントが入るようになってきたため
             コメント欄を削除させて頂きました
             


           

                
           

by yamabiko3n | 2008-08-07 21:56 | Trackback | Comments(0)